招き猫のすすめ・2

豪徳寺エルオクロックにて、古い時計をよみがえらせる展示「古時計に虹色のドレス」最終日!

時の流れは長いようで短く、招き猫の町「豪徳寺」のヴィンテージ時計屋さん「エルオクロック」での「猫の目時計」の展示も明日(2016年6月26日)が最後になりました。週末のお出かけに、招き猫の起源「豪徳寺」で猫散歩がてら、時計も見るお散歩はいかがでしょうか?

先日、私も展示会場に行ってきたのですが、写真をたくさん撮ったにも関わらず、これが画期的にひどいクオリティーのものばかり。撮影者が私である以上やむを得ないことですが、お店の全景や他の方の作品写真は自粛して、私の作品のみにて失礼。

こちらが、エルオクロックの壁でなんだか嬉しそうな「お天気屋さんの猫の目時計」です。

エルオクロックの猫の目時計

ぜんまいも飾られているのがかっこいいですよね。そして下の棚の時計もいい感じです。

会場の様子や他の作品もぜひ、
山本正子さんのブログ

イラストレーター山本正子のブログへようこそ♪ 新美南吉の世界が大好きです。どうぞよろしくお願いします!

カワシマミワコさんのブログ

フレブル「がんのすけ」と イラストレーターカワシマミワコの日常

でご覧ください!

さて、招き猫の話です

一体今度は何の話だ?と思われましょうがまあまあもう少しご辛抱を。

最近、google photo というクラウドサービスを使っています。これが、無料で使えるのに写真を無制限に保存してくれるというもので、ちょっと怖くなる(いろんな意味で)くらいですが、便利なので使っています。

このgoogle photo ですが、画像の保存だけでなく、webやアプリ上で写真の加工(トリミングや色調整、フィルターなど)もできてしまう上に、保存した画像を、時々勝手に加工してくれることがあります。数枚の写真を一枚におさめたコラージュだったり、音楽付きのスライドショーだったり、一枚の写真をフィルターでいい感じに色味を変えたり。

唐突に変なファイルができているのでよく驚きますし、勝手に加工してくれるのが「便利」か?と言われたら「別に」以上に的確な答えは思いついませんが、不思議なのが写真のセレクト。数ある写真の中からどうやって選んでいるのか、よくわかりません。その謎と唐突さがちょっと気になる、くせになるというニクいサービスです。

そのgoogle photoさんに最近選ばれた一枚がこれ!

豪徳寺の招き猫

豪徳寺駅前にいる、招き猫の写真です。
この、色味も構図もどうにもいまふたつくらいの写真をなぜ選んだのかわかりませんが、googleさんの手にかかるとほれこの通り、

googleさんが作った招き猫

ちょっとおしゃれ(?)な感じに!

こんなふうに勝手に加工してくれます。
どうしてこの写真が選ばれたのか考えるだに、

「googleは招き猫が大好き」

くらいしか理由が思いつかないので、きっとそれが正解でしょう。

googleも招いてしまう招き猫すごい!

というわけではじめに戻る。

日曜日のお出かけにぜひ、招き猫と時計散歩に豪徳寺へ♪

お待ちしてます〜

招き猫ごっこ

「招き猫ごっこ」illustration by Ukyo SAITO ©斎藤雨梟

そして、ちょっと変だけれどgoogle photo も面白いですよ。

こちらの記事も招き猫まみれ↓

路面電車で招き猫散歩ができるのは、豪徳寺と住吉大社!というお散歩ガイド

招き猫のすすめ
東京都世田谷区の「豪徳寺」と大阪市住吉区の「住吉大社」、実は意外な共通点があります。ひとつは「招き猫」もうひとつは?そして招き猫をもっと楽しむガイドいろいろ!

招き猫のいわれとは?

元祖・招き猫
招き猫発祥については諸説ありますが、そのひとつが「豪徳寺」説。豪徳寺はかなり招き猫まみれで運が良ければリアル猫にも出会えるお寺。その豪徳寺にて「猫の目時計」を展示中です!

6月10日は時の記念日。でも、どうして?そしてその日、古い時計がよみがえる!

時の記念日、虹のドレス
6月10日「時の記念日」の歴史的由来とは?そして時の記念日を記念して古い時計を生まれ変わらせる楽しい展示会が催されます。