総支配人、名刺100枚140円〜の印刷屋さんです!

テンペストさんと灯台

「大丈夫なんでしょうね」と少し疑い気味のテンペストさん

印刷がすごい

ここしばらく、印刷屋さんがどんどん安くなっている。頼むぶんにはありがたいが、不安になるほどの安さだ。

さて上の絵は、私がオーナーであるホテル暴風雨の総支配人、テンペストさんです。
近頃私は自分の名刺の裏に「ホテル暴風雨」のロゴとQRコードを入れてみたり、していたのですが、ホテル暴風雨専用のショップカードやらフライヤーなどもあるといいなと思っていました。

そんな折、「名刺印刷100枚140円〜」というネットで注文できる印刷屋さんの広告をよく見るようになった。「プリスタ。」というところだ。「簡単で早い」という評判も聞く。↓よく見るのはこんなバナー。




140円って。紙だけ買うより安いのでは。おかしい。どんな紙だろうか?それにデータがなくてもいいってどういうことだろう?↓こんなのも見る。


紙がいろいろあるのはいい。うーん気になる。

というわけで、試してみた。

気になるのは、端的に言うと、本当に簡単か?本当に早いか?本当に安いか?の3点くらいだが、順番に書くことにする。

本当に簡単か?

「プリスタ。」では、完全データ入稿の場合、定番の Photoshop 、Illustratorのほか、Word 、Excel、Powerpoint での入稿も可能。Wordで入稿?どうやるのか私にはよくわからないが、Adobeの画像ソフトなんか使ったことない、持ってない、という人にはこっちの方が簡単なのだと思う。

それから、「データがなくても大丈夫」とはどういう意味かというと、用意されたデザインを選んで、自分の氏名住所など名刺に書きたい内容を入力して注文、という方法が用意されている。デザインは600種類以上ある上、決まったレイアウトを編集画面で変更したり、オリジナルの画像を入れたりすることもできるようだ。しかもwebブラウザ上で完結する。これは簡単かもしれない。

私の場合、自由に作りたかったのでPhotoshopでこんな感じの画像を作成し、入稿した。

ホテル暴風雨ショップカード

よって、他の印刷屋さんより特に簡単ということはなかった。普通だ。

もとのイラストに比べて空の色などがくすんでいるのはCMYKに変換したため。こういう作業に詳しくない上、画像ソフトの性能が年々上がるので、いつも解説などを読んでトライするものの、どうしてもそんなに鮮やかには再現できない。だが、これはこれでよしとしているし、印刷の技術とはまた別のお話だ。

当初、左側のイラストをわりと仕上がりサイズのギリギリに入れていたところ、「画像データの塗り足し部分が足りないので紙の端に白地が出る可能性があります」と、メールで連絡が来た。

紙面いっぱいに色や絵を入れたい時、裁断が少しずれても白いところが出ないよう、仕上がりサイズより3mm以上はみ出すように色や絵柄を入れておく必要がある。今回は、ずれたらずれたでいいやというつもりで適当に入稿した(ダメな例です)のだが、せっかく連絡をくれたのでデータを作り直して再入稿した。こんな連絡はわざわざくれないところもあるので、親切だ。

「本当に簡単か?」に関しては、入稿方法により「簡単〜普通」といったところ。

本当に早いか?

これは本当に早かった。

15時までに注文し、データに問題がないことの確認もできれば、すぐに印刷に入って即日送ってくれる。
翌日着の「宅急便」(会員440円〜)、2〜4日後着の「クロネコDM便」(300枚ごとに160円)、翌日着の「ネコポス」(300枚ごとに260円)などがある。

少部数で、かつ早く欲しかったので「ネコポス」にしたら翌日ちゃんと届いた。

「プリスタ。」の印刷所は大阪にあり、店頭に自分で引き取りに行くことも可能(この場合もちろん送料はかからない)。また大阪市内なら当日配送540円(自転車で届けてくれる)も選べる。

「翌日着」とあるものも、地域によっては翌日届かないと書いてあった。私の住む東京へは翌日きたが、さらに遠方の場合の事情はよくわからない。が、他の印刷屋さんやネット通販などと比べた手応えとしては、「早い」と言えると思う。

本当に安いか?

100枚140円なのは、「上質紙180kg」「片面モノクロ印刷」の場合だ。

ちなみに同じ紙で
両面モノクロ:240円
片面カラー:340円
表面カラー裏面モノクロ:440円
両面カラー:540円

完全データ入稿ではなく「デザインを選んで注文」の場合も同じ価格だ。

上質紙180kgとは、小学生の時お世話になった「模造紙」のような紙の、ちょっと分厚いもの。名刺として普通〜やや薄めくらいで、十分な厚さ。ただしべた塗りした時にムラが出やすい紙なので、今回はマットポスト180kgという紙を選び、表面カラー裏面モノクロで両面印刷した。

印刷が100枚900円、ネコポス送料260円、合計1160円。
仕上がりに問題がなければ十分に安い。
支払いは、方法によって手数料はかかるが、クレジットカードや代金引換の他、携帯キャリア決済やコンビニ決済などかなりいろいろ選べる。

発注の翌日、こんなのが送られてきた。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%9f

満足。テンペストさんも満足そうだ。

今後会う人には手裏剣のように配りまくる所存です。

そして総括すると、名刺100枚140円の印刷屋さん「プリスタ。」は、なんだかんだで140円とはいかない場合が多いと思うが、それでも安いしけっこうよかったです。

名刺の印刷と名刺の作成は当日発送140円からのプリスタ。におまかせ!デザインを選んで発注可能な上、60種類以上の豊富な用紙からお選び頂けます。大阪市内は当日配達可能。最短1時間で名刺を印刷する超特急仕上げもあります。